出生率が「1.18」ですから、これは少子高齢化は必定。, 驚く統計結果ですが、2050年には80歳以上の、日本でいう後期高齢者の数がなんと~~~, この辺も気になりますし、中国の場合の老齢年金って、どうなってるんだろ? ってことは、この人数以上でないと、人口は減っていくことになろうかと思いますが、この考え間違ってるかな?, しかも、一人っ子政策のおかげで、圧倒的に若い世代は少なく、上(高齢)が多い計算になろうかと。, というショッキングな、発表でした。(予測です) 中国は西側のような出生率を発表していないが、公式発表を元にすると1.6(2017年)になる。 中国の出生数は2019年に1465万人で出生数を総人口で割った「普通出生率」は1.048%、日本の0.68%よりか … やはり減ってましたね。 中国で実施された”小普査”によると、2015年の中国の合計特殊出生率はわずか1.05%であることが判明 しました。これは日本の出生率をはるかに下回る結果となり、中国の人口置換水準である”2.1″という数字の約半分であったということを意味します。 日本では猪ですが、西遊記の「猪八戒」は猪なのですが、中国では猪は豚のことなんだそうです。, 当初、というか日本では、豚を買う習慣がなく、野生の猪を捕まえて食べていたので、日本では, なんだそうな。 スポンサーリンク 先ほど、日本の最大の課題は人口減少だということですが、まさに2020年に1.36という過去最低の出生率に落ちてしまった中で、80年後に人口が5000万人を切るといわれています。ただフランスの場合は、出生率が2.0に近い状況なので、先進国でもこれほど違うと。 世界で初めて出生率1.0以下に突入した韓国日本における出生率の低下が問題されて久しい。人口を維持するための合計特殊出生率が2.07~2.08とされているなか、厚生労働省が発表した2017年の出生率は… 中国の人口は世界一ですが、2030年頃から減少に転じ、将来的にインドに抜かれる予測です。一人っ子政策の影響で出生率が下がり、少子高齢化が進んだ事が理由です。習近平政権は根本的な解決策を講じ … 日本では「イノシシ年」ですが、イノシシ年は日本だけで、ほかのお国はほとんど「豚年」なんだそうな・・, 2018年は、当局の予想はプラス79万人・・しかしながら、米国のウィスコンシン大学の易富賢氏ら人口統計専門家の予測が, なんだそうな。 中国の人口減少が決定的になった China Dailyによると2017年に中国の出生数は1723万人で前年の1786万人を下回り、出生率は1.24になった。 この数字は日本の2016年の1.44より低く、おそらく日本の2017年よりもかなり低い。 しかし、今どうやら人口の推移が曲がり角に、差し掛かってるというお話です。, 中国では、今年は「金豚」・・豚年で、すごく縁起がいいんだそうです。 日本の出生数は減少の一途をたどっている。2020年は新型コロナの影響もあって統計史上最少になるとみられ、21年は80万人を下回るとの予想もある。しかし、出生率の低下は、中国と韓国でも見られる問題だ。(イメージ写真提供:123RF) (村山健二) 生存中ずっと、一定期間の出生率(出産)の対象となり、死亡率の対象とはならない場合、生殖期間の終わりまでに、仮説的コホートの女性が生むであろう、子どもの平均数。これは、一人当たりの女性が産む子どもとして表されています。 世界人口ランキングで見た順位は、中国の人口は2017年で「139.008」万人と、世界一多いです。, 日本の人口は、1億2675万人ですから、中国の人口は約11倍(10.97倍)となります。, しかし、国土は広いですから、人口密度では、まだまだ余裕があるかと。 1.4 (女性1人当たりの出生) in 2019. 0.7の出生数を1.5にそこ上げるのに15年かかり、それまでの平均出生数22万、合計出生数330万 2035年以後15年間出生率1.5であっても生む女性数は平均180万なので平均出生数27万、合計出生数400万 2050-2065年出生率2.0でも生む女性数は110万の出生数22万、出生数330万 なぜアジアの先進国は軒並み出生率の低下が著しいのですか? 2017-2018の合計特殊出生率中国1.8(都市部では日本より低いと見られる)日本1.4台湾1.2香港1.2韓国1.1←!?シンガポール0.8←! 中国政府がこのほど発表した人口調査の結果によると、中国の出生率は期間合計特殊出生率の半分にも及ばないことが判明し、専門家を驚かせています。政府は「一人っ子政策」を緩和しましたが、なぜ出生率は依然として減少しているのでしょうか? 1.70 (女性1人当たりの子ども) in 2019. しかし、出生数は初年度の16年でこそ大幅に増加したものの、17年は前年を下回った。中国国家統計局によると、16年の出生数は前年比131万人増の1786万人だったが、17年は前年より63万人少ない1723万人であった。 その背景にあるのが、出産コストの高さだ。 と思ったのですが、どうやら信頼性の面もあるので、この数字が男女の平均としての、一つの目安になろうかと思います。, 人口の年齢分布が、勿論ですが均等に行ってないことは、重々承知のうえで、世代間の年齢の平均です。, 1世代(年齢一歳で)で、1800万人ほど。 中国における出生前診断ミス. 中国民政部(省)は、全国の適齢期人口の出産や育児に対する意欲がさまざまな影響を受け低下しており、合計特殊出生率が警戒ラインを割り込み、人口増加が重要な転換期を迎えたと発表した。 そのため … この辺も後で調べてみます。, です。 1:動物園φ ★:2020/12/30(水) 15:17:36.79 id:cap_user 新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態が結婚及び出産に否定的に作用し、出生率が0.7人台まで落ちるという分析が出た。 30 […] 出生力転換と政策転換 日本 韓国 台湾 中国 年次 TFR 年次 TFR 年次 TFR 年次 TFR TFR<2.1 (Replacement Level) 1974 2.05 1983 2.06 1984 2.055 1992 1.972 出生抑制策の放棄(前年のTFR) 1996 1.63 1992 1.720 TFR<1.5 (Very Low Fertility) 1993 1.46 1998 1.45 2001 1.400 これで、出生率の低下は決定的のような気がします。, もう一つ問題なのは、高齢化の問題です。 中国人の出生率を最新の推移グラフや日本との比較表、全世界・国別の出生率が高いランキング等を用い、中国の出生率が低いのか高いのかを分かりやすく説明しています。各種データは無料でcsv出力・ダウンロードも可能です。(EXCELでも使用可能) ちなみに日本は「1.42」です。(年によって当然多少前後します), 男子と女子での区分けがあるのかな?? 日本の出生数は減少の一途をたどっている。2020年は新型コロナの影響もあって統計史上最少になるとみられ、21年は80万人を下回るとの予想もある。 中国の2019年の出生届件数は1465万人。中国国家統計局によると、2019年の出生率は1000人当たり平均10.48人。国連の調べではこの数値は1949年の中国建国以来の最低値となった。一方、死亡数は998万人で、死亡率は1000人当たり7.14人。 出生前診断後の中絶率はどれくらいでしょうか?出生前診断で陽性になったばあいの人工妊娠中絶率をniptが始まる前後で比較した論文たちを集めたレビューをご紹介します。日本は海外と比べて中絶率が高くなっています。 これってすごい予想です。 ってことは1500万人ちょいの計算になります。, それはそうですよね…一人っ子政策なんですから。 なので、金色の豚の貯金箱は、飛ぶように売れているんだそうですよ~~~, 日本では猪が子だくさんで、我が家の近所やこの辺では、猪の被害でもういいね・・ 中国での出生前診断ミスが発表され、日本を含め世界100を超える国や地域にサービスを提供している中国のゲノム解析大手のbgi社(華大基因科技有限公司)に関する告発が注 … 中国国家統計局が発表した先の出生率データによると、16〜59歳の生産年齢人口比率は昨年、64%超に急減しました。 この数字を日本の例で見ますと、2007〜08年のレベルに匹敵します。 中国で人口問題が?中国の人口の推移と、出生率(出生数)の関係で、人口が減少するタイミングはいつか?どうやら2018年は、重要な年だったようです。それと、平均年齢からみた高齢化率の問題を、検証してみようと思います。世界人口ランキングで見た順位は、中国の人口は2017年で … 今月(1月)、当局の統計が発表なるようです。, という、コメントが。 合計特殊出生率(出産)は、女性が妊娠可能な時期の終わりまで生きて、現在の年齢別出生率(出産)に従って子どもを生む場合に、女性が生むであろう子どもの数を表 … 中国人は依然として「結婚→育児」願う. 【悲報】 出生率:日本1.36 中国1.05 韓国0.92・・・東アジア人このままだと絶滅しそう 嫌儲 Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー 冉さんが出産する前に感じていた「育児が怖いという心理」は、今の若者の間では決して珍しいものではない。中国国家統計局の統計によると、2019年、中国の出生数は1465万人で、出生率は10.48‰だった。 世界の主要国はすべて出生率2.0を割り込み少子高齢化が進んでいて、中国も例外ではない。, 中国は西側のような出生率を発表していないが、公式発表を元にすると1.6(2017年)になる。, 中国の出生数は2019年に1465万人で出生数を総人口で割った「普通出生率」は1.048%、日本の0.68%よりかなり高い。, ただし中国の人口統計には疑惑が提示されていて、中国の人口は既に減少していると指摘する研究もあった。, 20代女性の出生率は1.0から1.4程度と推測され、これが近未来の中国の出生数になります。, 中国では1979年から2015年まで一人っ子政策が実施されていて、正式には計画生育政策という名称だった。, 日本マスコミがつけた可愛い名前で隠されていたが、一人っ子政策では出産許可証がないと出産できない。, 出産許可証は金を払えば買うことが出来たが、多くの人は金を払えず1人分の許可しかもらえない。, それでも子供は生まれてくるわけで、無許可の子供がかなりいて統計外人口になったり養子に出されたりした。, 一人っ子政策は2015年に廃止されたと日本マスコミは勝手に報道したが、実際は許可人数が2人に増えただけでした。, 現在も出産許可証が必要なのは変わっておらず、やはり金持ちはいくらでも許可証を買う事ができる。, 出産許可は人種によって異なっていて、最近世界的に報道されたのがウイグル人が子供を産まないよう不妊処置をしているというものでした。, 中国の20代女性へのアンケートでは子供を産みたい人が半分程度しかおらず、人数も1人までが大半だった。, 今後中国ではベビーブーム世代が出産可能年齢を過ぎ、子供を産める女性そのものの人口が減少します。, 出生率が既に1.4以下だとすると、分母の減少によって出生数の減少が加速していきます。, 出生数は2019年に1465万人だったが、10年後には1000万人を割り込んでいるでしょう。, 中国の人口は日本の約10倍なので、2030年代には出生数100万人を割り込んだ日本と同じ状況になります。, 人口が減少する社会でプラス成長を維持するのがいかに困難かは、日本が証明しつくしています。, こうして2030年代の東アジアは日中韓ともに人口が減少し、世界平均と比べてマイナス成長になるでしょう。, 人口減少が怖いのは非常に長期間続き止める方法はなく、経済を確実に縮小させる点です。, 良い所もあって人口減少によって古い社会が破綻し、新しい合理的な社会へと変化します。, 中国の社会システムが欧米より遅れているのは明白なので、かなり急激な変化が起きるでしょう. とはいっても今年の干支だしね~~, などとも、言われてるそうで・・しかし、今後労働人口の激減が予想されていて、由々しき事態も想定されそうです!!. 2015年は未年で、中国では女性に縁起の良くない生まれ年とされています(その内容は日本の「丙午」とほぼ同じ)。日本で1966年(丙午)に出生率が0.5ポイント程急低下し翌年元に戻ったように、2016年の出生率は上昇している可能性があります。 最近の、人口の動向を見ると、2017年までは800万人ほど増えていたのですが、2018年の予測では600万人の増加にとどまっています。, 出生数が1700万人台ですから、世代の平均人数以下なので、どこかで逆転するは必定ですね。, 仮にの仮定の話ですが、上の予測機関の様に2018年は出生率250万人減なら、1500万人ちょいかと。, っで、約70年ぶりの低水準でした。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); Copyright ©  田舎で考える楽しいことって? All rights reserved.