結構ありますね。。。「さすがに全てを最初から読むのは。。。」と思われるかもしれませんね。しかし、心配しないでください!シャーロックホームズは短編集から読んでも何の違和感もなく読むことができます。特に最初の短編集である「シャーロック・ホームズの冒険」は初めて読む方におすすめです!!そこで今回は前12話ある「シャーロック・ホームズの冒険」の中から選りすぐりの5話を・ワクワク度・不気味度・ミステリー度の3つの評価軸による感想とあらすじを紹介していきます! おすすめ本、主にシャーロック・ホームズの考察 トップ > シャーロック・ホームズ > 『黄色い顔』ー「シャーロック・ホームズの思い出」を読んでみた。 Amazonで田中 啓文のシャーロック・ホームズたちの新冒険。アマゾンならポイント還元本が多数。田中 啓文作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またシャーロック・ホームズたちの新冒険もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 今後も、他のシャーロック・ホームズシリーズの中からわかりやすいあらすじを書いていけたらと思っています! 今回は自己紹介企画! シャーロック・ホームズシリーズを読む順番について知っていますか?本記事では小説・漫画・児童書の全作品をそれぞれわかり易く紹介しています。これから読む方も今まで読んでいた方も是非ご覧下さ … つい有益なブログを書かなければ!と謎の使命感に駆られて、あま[…], どうも、ノーシュンです。今回は家電量販店でのバイトを考えている人に、実際、僕が半年働いてみて ・どのように感じたか?・他の人にオススメできるか? もしかして? https://gettheballrolling.jp/miscellaneous-notes-sherlock-holmes シャーロックホームズの冒険では、そんな クラシカルでシックな19世紀のロンドンの空気感 を存分に楽しむことができます。 世界観にぴったりマッチしたbgm. 月ごとにテーマを決めて、それに沿った内容の本を紹介していきます。なるべくネタバレを避けて、個人的にお勧めしたい本を紹介するので、書評とはちょっと違います。 ワクワク度: ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎  不気味度: ⭐︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎︎⭐︎⭐︎ミステリー度: ⭐︎︎⭐︎⭐︎⭐︎, ある日、ホームズの元に髪の毛が燃えるように赤い商人が訪れ、奇妙な依頼をします。彼の名前はジェイベズ=ウィルソン。小さな質屋を経営していましたが、暮らしていくので精一杯でした。そんなある日、雇っていた店員から「赤毛連盟」の話を聞きます。「会員になれたら誰でも財産ができるが、現在連盟は欠員が多く、金の使い道に困っているらしい」と。会員になるには以下の資格が必要でした。・赤毛であること・ロンドンに住んでいること・大人であることそしてなんと、多くの候補者がいる中からウィルソンさんが選ばれます。勤務内容は百科事典をひたすら写すだけ、ただし勤務時間中は事務所内に必ずいなければならないというものでした。それだけで大金がもらえるので、ウィルソンさんは喜んで仕事を続けていたのですが、ある日事務所には「赤毛連盟は解散しました」の張り紙が、、、. シャーロック=ホームズの冒険: 著者名: 著:ア-サ-.コナン・ドイル 訳:久米 元一 訳:久米 穣: 発売日: 2010年11月18日: 価格: 定価 : 本体1,400円(税別) isbn: 978-4-06-283558-9: 判型: 四六: ページ数: 282ページ: シリーズ: 21世紀版・少年少女世界文学館: 初出 ワクワク度: ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎  不気味度: ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ミステリー度: ⭐︎︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎, ある日、義理の父と暮らしているというヘレン=ストーナーという女性が不安そうな様子でホームズの元を訪れます。ヘレンの母は義理の父と再婚しましたが、交通事故によって亡くなってしまい、義理の父は金持ちの家系でしたが、インドで執事を殴り殺した罪で長いこと牢獄に入ってしまいました。, 父の懲役が終わった後、母が残してくれたお金で義理の父の家で暮らすことになったのですが、父は恐ろしく人が変わり、立て続けに喧嘩をするように。そして、唯一血の繋がっている双子の姉がその家で亡くなったことについてホームズに相談します。ある日、姉はヘレンに「真夜中に誰か口笛を吹くのを聞いたことある?」と突然聞いてきたそうです。その口笛が聞こえるせいでここ最近眠れないと。その夜のことです。突然、姉の悲鳴と共に重たい金属が落ちたようなガチャンという音が家に響きました。, ヘレンが姉の部屋に行くと、姉は恐怖で真っ青になり、息を引き取ってしまいました「ねえ、大変よ!ヘレン!紐よ!まだらの紐よ!」と言い残して、、、, これは本当に、満点の作品だと思います、、、先が気になるストーリー、いくつも散りばめられたヒントそれらの「点」が線になった瞬間の爽快さそして衝撃のラスト...ホームズを読むのが大変という方は、これだけでも読んで欲しい名作中の名作だと思います。, いかがだったでしょうか?今回は初めてシャーロック・ホームズを読む方におすすめの「シャーロック・ホームズの冒険」から個人的におすすめの話を厳選、あらすじを紹介しました. まず、シャーロック・ホームズについてどこまでご存知でしょうか?名探偵コナンで紹介されていたから知っている!という方も多いかもしれませんね。, 少し前ですがBBCでもシャーロック・ホームズの現代版ドラマを放送して、かなりの反響を呼びました。, 様々な作品で顔を出すシャーロック・ホームズですが、一体どんな人物なのでしょうか?シャーロック・ホームズとは19世紀後半にアーサー・コナン・ドイルが生んだ架空のキャラクターです。イギリス・ロンドンのベーカー街のアパートでホームズと同居している元軍医のワトソンが次々と訪ねてくる人の奇妙な事件を解いていくというストーリーになっています。ホームズの特徴といえば、事実に基づいたその推測力。事件の概要を聞いただけで真相を解明してしまうことも珍しくありません。さて、今回はシャーロック・ホームズの冒険の中からオススメの話を紹介していきますが、全部で何話あるの?って感じですよね以下シャーロック・ホームズの全ての小説になります. おすすめ作品を選ぶのが非常に難しいシャーロック・ホームズ作品。その中から、ホームズの性格等やワトソンとの関係性を特に知らなくとも、単純に楽しめそうなものをご紹介します! シャーロック・ホームズの冒険 - 石田 文子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 〈シャーロック・ホームズシリーズ〉の順番をまとめました。まだ本で読んだことがない方、順番が分からない方は、参考にしてみてください。必ずしも順番通りである必要はありませんが、オススメの読む順もご紹介しております。 Follow @nonoblog0919. イギリスで出版された単行本の初版は1万部で、大量に発行された『ストランド・マガジン』の合本版と競合していた。年内に8000部が売れていたが、ドイルは翌1893年1月に新聞各紙へ自腹を切って『シャーロック・ホームズの冒険』の広告を出している。 卑弥呼とはどんな人?生涯・年表まとめ【邪馬台国の場所や功績、まつわる謎や死因も紹介】. 自分のホームズ像は石ノ森章太郎監修(メインの描き手は石川森彦)の漫画版。小学生の時分、公文式教室の文庫に揃っていたのでよく読んでいました。小説版を読んでも、頭に浮かぶのはこの絵のタッチ。 シャーロック・ホームズ (1) (The Kumon manga library)www.amazon.co.jp 1,470円(2020月05月10日 … Amazonでコナン ドイルの完訳版 シャーロック・ホームズ全集 全14巻。アマゾンならポイント還元本が多数。コナン ドイル作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また完訳版 シャーロック・ホームズ全集 全14巻もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 今回は僕の大好きな推理小説、シャーロック・ホームズシリーズについてです今回は、最初の短編集である「シャーロック・ホームズの冒険」からおすすめタイトルを紹介できたらと思います!これまで一度も読んだことない方でも、つい読みたくなるようなあらすじを紹介していくので、是非読んでみてください! シャーロック・ホームズ作品のおすすめ短編集. 言わずと知れた推理小説の名作『シャーロックホームズの冒険』。推理はもちろんのこと、ホームズが相棒ワトソンと共に活躍するアクションシーンも見ものです。この記事では『シャーロックホームズの冒険』のあらすじや感想、おすすめポイントをネタバレなしでお届けします。 実は、、、 しばらくブログを休んでいました (読んでくれていた人には申し訳ない..[…], 皆さんこんにちは!ノーシュン(@nonoblog0919) です! 私が特に感動を覚えたポイントは シャーロックホームズの冒険のbgm です。 『シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)』(コナン・ドイル) のみんなのレビュー・感想ページです(379レビュー)。作品紹介・あらすじ:ロンドンにまき起る奇怪な事件を追って神出鬼没する名探偵シャーロック・ホームズは、その怜悧な推理と魅力的な個性で読者を魅了する。 ワクワク度: ⭐︎⭐︎⭐︎  不気味度: ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ミステリー度: ⭐︎︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎, 依頼主はネビル=セントクレアという男性の妻。ある日、夫のセントクレア氏がロンドンへ出かけに行きました。「ついでに小さな息子の土産に積木を買ってくる」と言い残して。その日は偶然にも、夫人が待ちかねていた小包が船会社の事務所に届いているという電報を受け、妻も出かけることなったのです。妻が用を済ませ道路を歩いていると、突然誰かの叫び声を耳にしました。見渡すと、なんと目の前の建物の三階の窓から夫が自分を見下ろし手招きしている。ひどく取り乱している様子の夫。気が狂ったように手を振っていたが当然姿を消してしまいました。普段つけているカラーとネクタイをしていない夫を不審に思った妻は何とかその部屋にたどり着きますが、夫の姿はなく、足の不自由な男がいるだけでした。しかし、テーブルの上には夫が買って帰ると約束していた積み木が、、、. シャーロック ホームズ.作家コナン ドイルが生み出した名探偵の物語は,56の短編と4の長編で構成されている.『緋色の研究』は1887年にはじめて世に出ていおり(書かれたのは1886年と考えられている),その後に同じく長編の『四つの署名』,短編集『シャーロック ホームズの冒険』と続く. おすすめしたい本があります★. 私は、シャーロックホームズにあこがれていて、普段でもいろいろ推理をすることが好きです。 たとえば、電車の中で、体操服を着た中学生くらいの集団がいたとしたら、この子たちは、どんなスポーツクラブに所属しているのだろうか?あまり日焼けしていないから室内競技なら手にサポーターをしていたら、バレーボール部かな?それにしてもバレーボールを持っていないな、皆小さなカバンを持っているので、卓球部かな?などいろいろ想像しています。 また、どこの学校出身でどこの学校と試合をす … 【2020.12.21更新】シャーロック・ホームズといえば誰もが知っているであろう名探偵。小さい頃に図書館で目にしたことのある人は多いでしょう。新しいドラマや映画も大ヒットしましたが、原作をちゃんと読んだことのある人は少ないかもしれません。 © 2021 レキシル(Rekisiru) All rights reserved. もしかすると?と思考を巡らせて考えてみてください!読者でも解ける可能性がある作品だと思います! ワクワク度: ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎  不気味度: ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ミステリー度: ⭐︎︎⭐︎⭐︎, ある日、ワトソンの元に親指がちょん切られた推力技師が訪れます。どうみても鋭利な刃物でやられた傷口をみて、ワトソンが事故か尋ねると何と殺意を抱かれて切りつけられたものだと技師は答えました。ワトソンはホームズのもとへ行くよう勧め、技師はホームズとワトソンの前で想像を絶する経緯を語ります、、、, 「シャーロック・ホームズ」シリーズでは珍しい技師が淡々とホームズに何があったか打ち明けるというストーリー。自分の身に置き換えると身の毛もよだつ体験が技師の口から語られます。ワクワクすること間違いなしの作品です。, ワクワク度: ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎  不気味度: ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ミステリー度: ⭐︎︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎, 大事件がなかなか来ないと機嫌の悪くなっていたホームズの元に、「家庭教師を引き受けるか迷っている」という若い女性(バイオレット=ハンター)が依頼に来ます。, また、つまらない事件かと思っていたホームズでしたが、その内容は非常に奇妙なもの。家庭教師をハンター氏に依頼したのは、郊外のブナ屋敷に住んでいる太った男性。紹介所でハンター氏を見るや否や「この人がいい。これ以上の人は望めない」と気前が大変良かったそう。仕事の内容は6歳の子供の面倒を見る、奥さんの言いつけを守るだけでした。ただし、採用の条件はもう一つ。必ず髪を短く切って欲しいというものでした、、、. 今なお世界中のファンを魅了し続けている「シャーロック・ホームズ シリーズ」。いざ読もうと思っても色んな出版社から出てるし、どの巻から読んだらいいかわからない・・・。ここでは、数ある出版社の中からおすすめ2社と、読む時の順番についてお伝えします。 筆者の息子は小学校の3年生ですが、順調にミステリに興味を持ち始め、最近はホームズばかり読んでいます。そこで、現在手に入る子供向けのホームズにどんなものがあるのか、まとめてみました。児童向けのホームズはもう本当にたくさん出ています。 シャーロック・ホームズの冒険 に関連する特集・キャンペーン 【2020年に読みたい! 】読者が選ぶ、おすすめミステリー小説ベスト100ランキング! まず、事件の概要が面白すぎます笑赤毛しか参加できない組合?なんだそりゃ!って感じですし笑事件についての詳細を聞けば聞くほど引き込まれていきます。終盤はかなりハラハラ・ドキドキする展開になるので必見です! シャーロック・ホームズの冒険は、ホームズの短編集の中で一番はじめに発行されたもので、12本の短編がおさめられています。 ホームズ作品は長編と短編がありますが、初めての方には短編のほうがオススメです。 おすすめの翻訳本 角川文庫. こちらの記事は、推理小説のおすすめ本を紹介しています。一度は読んでおきたい名作ミステリーばかりをピックアップしてみました。また、古典的な名作や、日本でも有名な推理小説も紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。 ホームズ物語の第一短編集『シャーロック・ホームズの冒険』は、クイーンの定員に選ばれた短編集の中でも有名なものの一つ。ここでは多数ある邦訳本を比較するとともに、その翻訳史についても記述がある『コトバ2019年夏号』(集英社)も紹介します。 「コナン・ドイルの書いた推理小説を読んでみたいけれど、どれがオススメなの?」「小説だけじゃなくて、コナン・ドイル自身のことももっと知りたいな」, アーサー・コナン・ドイルは、19世紀末に活躍したイギリスの作家で、大人気少年探偵マンガの主人公の名前の元ネタにもなった人物です。彼の生み出した名探偵シャーロック・ホームズの名前は、推理小説に興味のない人でも一度は聞いたことがあるでしょう。, ドイルは、現代に続くミステリー作品の基礎を築いた人物であり、他にもSFや歴史小説などを執筆し、多様な才能を発揮しました。, ここでは、コナン・ドイルの小説から、彼自身のことを学べる本まで、コナン・ドイルを知ることのできる本を入門編から上級編にわけて紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。, コナン・ドイルといえば、やはり、一番有名なのがこの作品、名探偵シャーロック・ホームズの活躍する一連のシリーズでしょう。ドイルの書いたホームズの登場する長短編は全部で60本。これは、ホームズマニアから聖書になぞらえて「聖典(Canon)」(ドイルの名前のConanのアナグラム)と呼ばれています。, シャーロック・ホームズの冒険は、ホームズの短編集の中で一番はじめに発行されたもので、12本の短編がおさめられています。ホームズ作品は長編と短編がありますが、初めての方には短編のほうがオススメです。1つ1つが短いので、サクサク読めて、推理小説の金字塔、ホームズの魅力を味わうことができるでしょう。, 「ボヘミアの醜聞」「赤毛組合」「オレンジの種5つ」といった有名な作品もたくさん収録されていて、ホームズシリーズ最初の1冊としてオススメです。短編集は全部で5つあるので、ぜひ他のものも読んでみてください。, シャーロック・ホームズシリーズの魅力は何と言ってもホームズとワトソンのコンビに尽きる。ちょっと皮肉めいた感じながら鋭い観察力で相手の真実をあっさりと突き止めるホームズと、真当な常識人だが誠実で好奇心旺盛なワトソンというコンビがすばらしい造形だ。話の展開もさすがに上手い。『ボヘミアの醜聞』はアイリーン・アドラーの最後の逆転が、『青い柘榴石』はドタバタ喜劇の様な展開が、『くちびるのねじれた男』は思い込みを覆す様な真相が面白い。他『まだらの紐』『赤毛組合』も楽しめた。, シャーロック・ホームズの長編作品のなかでも、バスカヴィル家の犬は、一番有名で評価も高い作品です。ホームズの長編作品は、2部構成をとっていて、前半部で事件が描かれ、後半部では過去の出来事が描かれ、犯人が事件を起こすに至った動機が説明されます。, つまり、後半部にはホームズもワトソンもほとんど出てこないということになり、事件や謎解きもありません。この点が、初心者がホームズの長編を読むときのハードルなのですが、その点、バスカヴィル家の犬は、長編の中で唯一、2部構成をとっておらず、最初から最後までホームズやワトソンの活躍が見られます。, ストーリーも、魔犬伝説をもつ富豪一家で起きる連続殺人をホームズが解き明かすという長編シリーズのなかでも屈指の面白さです。, シャーロック・ホームズの長編3番目であり、60編すべての中でも1,2を争う作品が、この『バスカヴィル家の犬』である。俺は今までに20回以上、色々な本で読んできたけれど、今回は創元の新版で読んでみた。いやはや、さすがである。とりあえず読もうよ、うん。それしかないってば。ホームズとワトスンの二人が、ロンドンから離れた土地バスカヴィル家の謎を解く、ってだけでもうねえ。コナン・ドイル、流石である。, コナン・ドイルといえばホームズが一番有名ですが、じつは怪奇作家としてもたくさんの作品を発表しています。この本は、ドイツの傑作集の中の1冊で、怪奇小説ばかりを集めた短編集となっています。, ドイルの書く怪奇小説は、ただ怖がらせるようなものではなく、最後にどんでん返しのようなオチがあったり、ミステリーのような要素ももっています。怖さに加えて、ラストまでどんな結末になるかわからないドキドキ感を味わうことができるのでオススメです。, 改めて、あの時代にこんなSF小説を書いていた、コナン・ドイルの創造力に驚く。しかも面白い。特に「大空の恐怖」の異世界観に魅了されました。「ブラジル猫」の息詰まる攻防もいい。, コナン・ドイルによるSF長編作品。変人として有名なチャレンジャー教授は、南米に絶滅動物たちの暮らす場所が存在すると主張し、それを探すため、アマゾンの奥地へと探検に出かけるというストーリー。, 1912年に発表されたとは思えないような、現代でも通じそうなアイデアの作品です。この当時にこれを書いたドイルは、ミステリーだけでなく、作家としてとてつもない才能を持っていたのだと思わされます。, 正しい冒険小説である。突っ込みどころがあっても娯楽なのだからこれでいい。SF的設定や探検部分をもっと膨らませられるのにと思うが、これも古典的作品の味わいといったところか。作品を支えているのは人物造形と人物の絡み合い。ここがしっかりしているから面白い。「ジュラシックパーク」「猿の惑星」の着想元らしいが、何か別の既視感。失われた○○…ギアナ高地…洞窟。“地底人クルピラ”じゃないですか、藤岡隊長!コナン・ドイルも、伝説の転がり落ちてくる丸太は思い浮かばなかったか。, 若き日のコナン・ドイルが船医として捕鯨船に乗り込んだときの体験を本人によるスケッチを交えてつづったもので、タイトルの通り日記形式の本になっています。, 小説ではありませんが、まだ作家でなかった頃のドイルの文章に触れることができ、ドイル自身がどのような人物だったのかを理解する手掛かりになります。, ドイルの目を通して当時の捕鯨船の様子が生き生きと描かれていて、歴史的な資料としても、ドイルの人生を知る上でも貴重な1冊といえます。, ドイルのシャーロック・ホームズシリーズの熱狂的なファンは、シャーロキアンと呼ばれます。シャーロキアンは、ホームズを実在の人物として扱い、ドイルの書いた60篇の事件が起きた正確な日付やモデルとなった場所の特定など、ホームズに関することを研究しています。, そんなシャーロキアンの1人である筆者によって書かれたこの本は、コナン・ドイル自身と彼が生み出した名探偵ホームズのプロフィールを比較しながら描かれたドイルの伝記です。ドイルの一生を知ることによって、彼がどのようにしてホームズというヒーローを生み出したのかが見えてくるでしょう。, 名探偵の生みの親、ドイル自身について知りたいという人にオススメのコナン・ドイル入門書です。, コナン・ドイルのイメージといえば、もちろん『シャーロック・ホームズ』の作者だということだが、ギアナ高地をモデルにしたSF小説の『失われた世界』を書いたこと、そして晩年は心霊主義に傾倒し、コティングリー妖精事件では妖精写真を本物と断定したことなどは知っていた。この本を読んで、ドイルがこれほど多岐にわたる活躍をしたことに驚き、さらにドイルの生きた時代のイギリス社会についても知ることができた。ホームズ物は子供向けホームズ本を読み、大人になってTVドラマを観ただけなので、もう一度‘大人の目’で読んでみたくなった。, コナン・ドイルといえば、やはりシャーロック・ホームズです。最初はホームズシリーズの本を読んで、その世界にどっぷりと浸ってみてください。きっとあなたもホームズのファンになるはず。, さらに興味の湧いた人は、ドイルのSFや怪奇小説、伝記なども読んでみてはいかがでしょうか。 あまり知られていないドイルの一面が分かると思います。. 『シャーロックホームズってどんな話なんだろう?』『まずは数話読んでみてから、本を買ってみたい』という方はぜひ読んでみてください。 青空文庫でシャーロックホームズを読む際のおすすめ作品. とにかく不気味な話です笑短い話ですが、目まぐるしく変わる展開に最後まで夢中になること間違いなしです! こちらは少し特殊な形態で、同シリーズのなかで翻訳者が2人います。が、 「シャーロック・ホームズの冒険」 訳:石田文子 「冒険」以外の作品 訳:駒月雅子. 皆さんこんにちは!ノーシュン(@nonoblog0919) です! 短編:花婿失踪事件(同一事件) を実[…], 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, こんにちは!ノーシュンと申します! 都内のスタートアップでアプリの品質管理とデジタルマーケをしています。英語・雑学・書評・海外ニュースなど周りに自慢したくなる知識を中心にブログ書いてます! シャーロック・ホームズシリーズは、今日で言うところの「読切連載」という形式で雑誌に掲載されました。 このため、毎回のように新しい登場人物が現れますので、ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は それほど多くありません。 となっており、石田さんは「冒険」のみです。 おすすめ本、主にシャーロック・ホームズの考察 トップ > シャーロック・ホームズ > 『唇のねじれた男』-「シャーロック・ホームズの冒険」を読んでみた。 短編:赤毛連盟. コナン・ドイルという名前よりも、シャーロック・ホームズという名前のほうが有名になっていますが、コナン・ドイルはイギリスが生んだ本格派推理小説作家です。コナン・ドイルを始めて読むという人にもおすすめな本をいくつかご紹介しましょう。