グード図法は、陸上部分の面積を正確に表した図法です。 緯度40度44分を境に低緯度地域をサンソン図法で、高緯度地域をモルワイデ図法で書いた地図です。 舟形多円錐図法. 短所:低緯度の大陸の形にゆがみ発生. ホモロサイン図法(グード図法) ⚫ 1923 年にアメリカのグードにより考案された。 ⚫ 低緯度地方のひずみが小さい3 サンソン 図法と高緯度地方が見やすい4 モルワイデ 図法を,両者 の緯線の長さが等しくなる緯度5 40°44′ で結合させた。 モルワイデ図法 サンソン図法の地図を,緯度によって縦横比を調整し,全体の形が楕円形になっている。 面積が正しく表されている。 拡大表示・ダウンロード [ ここをクリック ] [ 閉じる ] 背景:白,画像サイズ:240x240ピクセル グード図法(ホモロサイン図法) 低緯度地域をサンソン図法で、高緯度地域をモルワイデ図法で描き、南北緯40°44′の緯線で接合した地図。一般には、各所に切れ込みを入れて大陸の歪みを小さくした断裂法が有名である。 断裂サンソン図法 擬円筒図法に分類される。また、地図上の任意の場所で実際の面積との比が等しくなる正積図法である。正軸の場合、赤道上と中央経線(曲線ではなく直線で表される経線)上での距離の比が等しい。 同じ正積・擬円筒図法のモルワイデ図法と比較されることが多い。サンソン図法では赤道付近と中央経線付近は正しい形で表されるのに対し、モルワイデ図法では赤道付近が縦方向に伸び、中央経線上では距離の比と縦横の比が … 高緯度を正確に モルワイデ 図法. グード図法(グードずほう)とは。意味や解説、類語。地図投影法の一。緯度40度44分を境にして、低緯度地帯をサンソン図法で、高緯度地帯をモルワイデ図法で描き、ひずみ是正のため、海洋部分に断裂を入れたもの。1923年に米国人グード(J.P.Goode)が考案。 グード図法 Goode's projectionともいう。アメリカの J.グードが 1923年に発表した正積擬円筒図法で,世界図に用いる。北緯 40°から南緯 40°までをサンソン図法,それより高緯度地方をモルワイデ図法で表わした組合せの地図投影法。 サンソン図法とモルワイデ図法は特に使い分けは明確ではありませんが、カナダやロシア、北欧などに注目しなければならない分布図だとサンソン図法は使わないでモルワイデかグードを使いますね。高緯度がひしゃげて見えにくいですから。 緯度40°44′を境として、低緯度側を サンソン 図法で、高緯度側を モルワイデ 図法で表現した地図です。 両者のいいとこ取りをしたがために、海洋に断裂を入れて大陸の形を整える必要が生じました。 (3)グード図法(ホモロサイン図法)…低緯度側をサンソン図法、高緯度側をモルワイデ図法で描き、緯線の長さが一致する緯度40度44分で合成し、海洋部を断裂させ、地球儀上の状態に近づける。 (4)エケルト図法…エケルトが考案した図法の総称。 長所:中・高緯度(特に中緯度)の大陸の形が比較的正確. サンソン 図法. いいとこ取り グード(ホモロサイン) 図法. 「グード図法は緯度40度44分でサンソン図法とモルワイデ図法を接合している」の説明にはもう少し補足説明が必要なのです。 地図投影とは、緯度経度を何らかの式で XY座標に置き換えることで、つまり関 … 〇グード図法 モルワイデ図法とサンソン図法を緯度が等しくなる40.44度で組み合わせてできた地図。 大航海時代:15世紀中〜17世紀中 正積図法の例: 地球上のどの部分も正積 分布図(量的主題図) グード図法 メルカトル図法の代替図法としてJ.P. グード‐ずほう【グード図法】 地図投影法の一。緯度40度44分を境にして、低緯度地帯をサンソン図法で、高緯度地帯をモルワイデ図法で描き、ひずみ是正のため、海洋部分に断裂を入れたもの。 特徴. 世界地図の正距方位・メルカトル・モルワイデ図法の特徴と違いの比較です。よく入試やテストで出題されるものの、正答率が低いところでもあります。しっかりその違い(長所や短所)、その利用法までおさえていきましょう。最後には、地図の正距方位・メルカト モルワイデ図法とサンソン図法の結合箇所は、同じ面積縮尺の両図法において、緯線長が一致する北緯(または南緯)40度44分であり、この緯度で地図の縁が僅かに折れ曲がっている。結合した両図法がどちらも正積図法のため、この図法も正積図法になる。 ホモロサイン図法(グード図法) ⚫ 1923 年にアメリカのグードにより考案された。 ⚫ 低緯度地方のひずみが小さいサンソン図法と高緯度地方が見やすいモルワイデ図法を,両者の緯線の長さが等し くなる緯度40°44′で結合させた。 19世紀にドイツのモルワイデが考案した図法です。 地球を楕円形にして、 北極/南極に近い地方の形のゆがみを少なくした図法ということが特徴です。主に分布図で使用されています。 ホモロサイン図法(グード図法) ⚫ 1923 年にアメリカのグードにより考案された。 ⚫ 低緯度地方のひずみが小さい3 サンソン 図法と高緯度地方が見やすい4 モルワイデ 図法を,両者 の緯線の長さが等しくなる緯度5 40°44′ で結合させた。 グード図法(グードずほう)、ホモロサイン図法(ホモロサインずほう)、あるいは断裂ホモロサイン図法(だんれつホモロサインずほう)は、断裂のある投影法で、擬円筒図法かつ正積図法である。, 複数の図法を合成した図法で、世界地図に使われている。世界規模で面積の関係を表示する目的で、メルカトル図法の代替図法としてジョン・ポール・グードが1923年に考案した。, 投射図は12個の領域からなり、6個の断裂片を含む。高緯度地方の6領域をモルワイデ図法で表現し、低緯度地方の6領域はサンソン図法で表現されているのが特徴である。「ホモロサイン」という言葉は「ホモログラフ図法」(モルワイデ図法)と「シヌソイダル図法」(正弦曲線図法)の合成語で、グードによって名づけられた。, モルワイデ図法とサンソン図法の結合箇所は、同じ面積縮尺の両図法において、緯線長が一致する北緯(または南緯)40度44分であり、この緯度で地図の縁が僅かに折れ曲がっている。結合した両図法がどちらも正積図法のため、この図法も正積図法になる。, Simulating the Interrupted Goode Homolosine Projection With ArcInfo, Table of examples and properties of all common projections, Goode Homolosine (Interrupted for Continental Unities) (PDF), Goode Homolosine (Interrupted for Oceanic Unities) (PDF), An interactive Java Applet to study the metric deformations of the Goode Projection, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=グード図法&oldid=74012544. 「グード図法は緯度40度44分でサンソン図法とモルワイデ図法を接合している」の説明にはもう少し補足説明が必要なのです。 地図投影とは、緯度経度を何らかの式で XY座標に置き換えることで、つまり関 … グード図法 Goode's projectionともいう。アメリカの J.グードが 1923年に発表した正積擬円筒図法で,世界図に用いる。北緯 40°から南緯 40°までをサンソン図法,それより高緯度地方をモルワイデ図法で表わした組合せの地図投影法。 デジタル大辞泉 - グード図法の用語解説 - 地図投影法の一。緯度40度44分を境にして、低緯度地帯をサンソン図法で、高緯度地帯をモルワイデ図法で描き、ひずみ是正のため、海洋部分に断裂を入れたもの。1923年に米国人グード(J.P.Goode)が考案。ホモロサイン図法。 モルワイデ図法とは? 19世紀にドイツのモルワイデが考案した図法です。 地球を楕円形にして、 北極/南極に近い地方の形のゆがみを少なくした図法ということが特徴です。主に分布図で使用されています。 モルワイデ図法は緯線の間隔がサンソン図法と違います。そして縮尺一分の一の地図の場合 赤道が36040km 中央経線が18020だそうです。サンソン図法の場合 赤道が40000km、中央経線が20000ITmediaのQ&Aサイト。IT関連を中心に皆さんのお悩み・疑問をコミュニティで解決。 モルワイデ図法とサンソン図法の結合箇所は、同じ面積縮尺の両図法において、緯線長が一致する北緯(または南緯)40度44分であり、この緯度で地図の縁が僅かに折れ曲がっている。結合した両図法がどちらも正積図法のため、この図法も正積図法になる。 サンソン図法とモルワイデ図法は、共に正積図法という面積が正しく表現できる擬円筒図法です。 形状の違いは見た目からも分かりますが、赤道から極に向かって急速に収束するか、緩やかに収束するかの違いがあります。 Try IT(トライイット)のメルカトル図法とモルワイデ図法の映像授業ページです。Try IT(トライイット)は、実力派講師陣による永久0円の映像授業サービスです。更に、スマホを振る(トライイットする)ことにより「わからない」をなくすことが出来ます。 複数の図法を組み合わせた図法です。 それぞれの図法の長所を活かしています。 代表的なのにグード図法があります。 グード図法(ホモロサイン図法) 北緯南緯とも40度44分を境にし、 赤道側をサンソン図法、極側をモルワイデ図法にしたものです。 次にグード図法です。 なんともへんてこな形ですね。なぜこんな形をしているのかというと、 高緯度が見やすいモルワイデ図法と、低緯度の歪が小さいサンソン図法を二つの地図の緯度が等しくなる40,44度で組み合わせ出来たから なのです。 擬円筒図法: サンソン図法: モルワイデ図法: エッケルト図法・第4式: エッケルト図法・第6式: ワグネル図法: ロビンソン図法 円錐図法グループ. 丸い地球の表面を切り裂いて広げた図法です。 方位図法 モルワイデ図法(モルワイデずほう)は、1805年にドイツの天文学者・数学者 カール・モルワイデが考案した地図 投影法の一種である。. モルワイデ図法は緯線の間隔がサンソン図法と違います。そして縮尺一分の一の地図の場合 赤道が36040km 中央経線が18020だそうです。サンソン図法の場合 赤道が40000km、中央経線が20000kmだそうです。ここで疑問があります。それは、 モルワイデ図法とサンソン図法の結合箇所は、同じ面積縮尺の両図法において、緯線長が一致する北緯(または南緯)40度44分であり、この緯度で地図の縁が僅かに折れ曲がっている。結合した両図法がどちらも正積図法のため、この図法も正積図法になる。 グード図法(ホモロサイン図法) 低緯度地域をサンソン図法で、高緯度地域をモルワイデ図法で描き、南北緯40°44′の緯線で接合した地図。一般には、各所に切れ込みを入れて大陸の歪みを小さくした断裂法が有名である。 断裂サンソン図法 擬円筒図法: サンソン図法: モルワイデ図法: エッケルト図法・第4式: エッケルト図法・第6式: ワグネル図法: ロビンソン図法 円錐図法グループ. 長所:低緯度の大陸の形が比較的正確 . モルワイデ図法とは? モルワイデ図法はホモログラフ(homolographic)図法と呼ばれることがあります。サンソン図法はsinusoidal projectionと呼ばれるので、そこからhomolosine図法になったのです。もちろん正積図法なので、そのことにも添えたとても丁寧な書き方と言えるでしょう(グード図法だけでもよいのですが)。 モルワイデ図法 サンソン図法の地図を,緯度によって縦横比を調整し,全体の形が楕円形になっている。 面積が正しく表されている。 拡大表示・ダウンロード [ ここをクリック ] [ 閉じる ] 背景:白,画像サイズ:240x240ピクセル 特徴. 複数の図法を組み合わせた図法です。 それぞれの図法の長所を活かしています。 代表的なのにグード図法があります。 グード図法(ホモロサイン図法) 北緯南緯とも40度44分を境にし、 赤道側をサンソン図法、極側をモルワイデ図法にしたものです。 モルワイデ図法(モルワイデずほう)は、1805年にドイツの天文学者・数学者カール・モルワイデが考案した[1]地図投影法の一種である。脚注^ 『地図の基本がわかる本』 地球丸 … 地理学 - サンソン図法とモルワイデ図法 モルワイデ図法は緯線の間隔がサンソン図法と違います。そして縮尺一分の一の地図の場合 赤道が36040km 中央経線が18020だそうです。サンソン図法の場合 .. 質 … 短所:高緯度の大陸の形にゆがみ発生. モルワイデ図法とサンソン図法の結合箇所は、同じ面積縮尺の両図法において、緯線長が一致する北緯(または南緯)40度44分であり、この緯度で地図の縁が僅かに折れ曲がっている。結合した両図法がどちらも正積図法のため、この図法も正積図法になる。 高緯度地方の6領域をモルワイデ図法で表現し、低緯度地方のサンソン図法と接続する。「ホモロサイン」とは「ホモログラフ図法」(モルワイデ図法)と「シヌソイダル図法」(正弦曲線図法)の合成語で、グードによって名づけられた。 モルワイデ図法は緯線の間隔がサンソン図法と違います。そして縮尺一分の一の地図の場合 赤道が36040km 中央経線が18020だそうです。サンソン図法の場合 赤道が40000km、中央経線が20000kmだそうです。ここで疑問があります。それは、 緯度40°44 全体のひずみもサンソン図法より小さくなります。ただし南北方向の距離は正しくありません。分布図などに適しています。1805年にドイツの天文学者、カール・B・モルワイデが考案しました。ホモログラフ図法あるいはバビネ図法ともいわ 赤道縮尺1のモルワイデ図法の面積は地球表面積の π 2 /8≒1.234倍であり、正積図法ゆえどの点でもこの面積倍率である 。 中央経線上での縦横の歪みは (π 2 /8)(cosφ/cosθ) 2 になる。 モルワイデ図法は緯線の間隔がサンソン図法と違います。そして縮尺一分の一の地図の場合 赤道が36040km 中央経線が18020だそうです。サンソン図法の場合 赤道が40000km、中央経線が20000ITmediaのQ&Aサイト。IT関連を中心に皆さんのお悩み・疑問をコミュニティで解決。 モルワイデ図法(モルワイデずほう)は、1805年にドイツの天文学者・数学者 カール・モルワイデが考案した地図 投影法の一種である。. サンソン図法とモルワイデ図法は、共に正積図法という面積が正しく表現できる擬円筒図法です。形状の違いは見た目からも分かりますが、赤道から極に向かって急速に収束するか、緩やかに収束するかの違いがあります。 モルワイデ図法(モルワイデずほう)は、1805年にドイツの天文学者・数学者カール・モルワイデが考案した[1]地図投影法の一種である。脚注^ 『地図の基本がわかる本』 地球丸 … デジタル大辞泉 - グード図法の用語解説 - 地図投影法の一。緯度40度44分を境にして、低緯度地帯をサンソン図法で、高緯度地帯をモルワイデ図法で描き、ひずみ是正のため、海洋部分に断裂を入れたもの。1923年に米国人グード(J.P.Goode)が考案。ホモロサイン図法。 高校地理の地図単元では、世界地図で利用される正積図法として以下の地図投影法を習います。, だいたいこんな感じでしょう。少なくとも私が高校地理で習った内容はこのような説明でした。, サンソン図法とモルワイデ図法は、共に正積図法という面積が正しく表現できる擬円筒図法です。形状の違いは見た目からも分かりますが、赤道から極に向かって急速に収束するか、緩やかに収束するかの違いがあります。, 地球を回転楕円体ではなく球体として考えると、L = 2πR・Cos(φ)(L:緯線長、φ:緯度、R:地球の半径)となります。Cos60°は 0.5 なので、緯度60度上の長さは赤道長の半分になります。, モルワイデ図法の緯線の長さが正しいのは 緯度40度44分(40.73666度)のみです。それより高緯度では長くなり、赤道に向かって短くなっています。それに合わせて正積となるように緯線間の間隔が調整されています。, モルワイデ図法は緯線の距離が正しくないと説明していますが、多くの地図帳に掲載されている並べられた 2つの地図投影法を見てもよく分かりません。, なぜなら、この 2つの地図投影法は縮尺が違うからです。縮尺とは実際の距離に帯する地図上の距離の比です。地図を同じ大きさで表現して縮尺記号(スケールバー)も表示せずに異なる縮尺で表現しているため混乱してしまうのです。, 帝国書院の『新詳高等地図帳』(2019) ではサンソン図法とモルワイデ図法の赤道長は図上で同じ長さ(縮尺が違う)で、二宮書店の『高等地図帳 改訂版 2019-2020』(2019) は、同一縮尺(赤道長が異なる)となっていました。二宮書店の方が地図投影法の意図をきちんと伝える姿勢が感じられます。ただ、赤道長が図上 50mm と 45mm との違いなので目測でその違いを認識するのは難しいでしょう。, 地図投影法で「距離が正しくない」とは、正確には「実際の距離と地図上の距離の比が縮尺と一致しない」ということです。ArcGIS ならどんな地図投影法であっても距離を正確に測定することができます。メルカトル図法は「距離は正しくない」と習いますが、Google Maps でメルカトル図法を表示し、距離計測ツールで計測すると正しい長さが求められます。これは、距離計測ツールが地図上の直線距離を縮尺倍して計算しているのではなく、2点経緯度間を測地線関数という別の関数に代入して計算しているためです。これで求められた測地線距離といいます。, Esri認定インストラクター、GIS上級技術者、測量士補、潜水士。GISy / GISc とその関連分野である地理学・地図学について日々の出来事で学んだ記憶を記録するためにブログを書いています。行動原理は伊達と酔狂。好きな地形は圏谷。好きな地図投影法はパースクインカンシャル図法。呉市生まれ広島市出身。GIS を使った自己紹介はこちら, 正弦曲線 (sinusoidal) 図法、メルカトル正積図法、メルカトル サンソン図法、サンソン フラムスチード図法とも呼ばれる, 緯度40度44分(40.73666度)上のみ緯線の長さが正しく、高緯度は過大に、低緯度は過小になる, 地図の 4要素(距離、面積、角度、方位)のいずれかを正確に表現する地図投影法を使う, この 2つの投影法は図の端がひずんでいるので、お互いのいいとこどりをして緯度40度44分(40.73666度)で接合して、赤道側はサンソン図法、極側はモルワイデ図法を使用し、海洋部を断裂させてひずみを抑えたグード図法が作られた, 極に近づくほど、サンソン図法は急激に歪むのに対して、モルワイデ図法が緩やかなのは分かるが、それならモルワイデ図法だけで海を断裂させればいいんじゃないの?, サンソン図法もモルワイデ図法も、地図の端の形は相当歪んでいる。その歪んだ地図を貼り合わせても歪むんじゃないの?実際、グード図法の日本付近はかなり歪んでるので、形が正しくなったとは思えない。. 〇サンソン図法 中央の経線以外はサインカーブで描かれる。 高緯度の歪が大きく、低緯度の歪は小さい→赤道付近・アフリカ大陸付近の表現に使われる. 世界地図の正距方位・メルカトル・モルワイデ図法の特徴と違いの比較です。よく入試やテストで出題されるものの、正答率が低いところでもあります。しっかりその違い(長所や短所)、その利用法までおさえていきましょう。最後には、地図の正距方位・メルカト